太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト

太陽光発電投資のサポート会社おすすめガイド【四国エリア版】

太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト 太陽光発電投資で頼れる会社BEST3

2位 日本クリーンテック

1位 ナカイエンジニアリング

3位 グリーンプランテック

産業用と家庭用の違い

家庭用と産業用の役割の違いはわかりますか? 太陽光発電投資を行う前に知っておきましょう。

産業用と家庭用で何が違う?

最近は、「太陽光発電投資」というものが注目を集めています。というのも、年々自然エネルギーへの関心の高まりがあるからです。太陽光発電投資はその最たるものです。

太陽光発電投資は、太陽光発電システムを構築し、電力会社に売電するなどによって、収益を上げるといったものです。

産業用と家庭用の違い

太陽光発電には、産業用と家庭用というように違いがあります。住宅用太陽光発電も産業用太陽光発電も載せる太陽電池モジュールは同じように見えますが、実は違うものを利用する場合があります。

住宅用太陽電池は住宅の屋根に乗せる、ということで設置方法、使用環境はほぼ同じなのに対し、産業用の場合にはビルの屋上に乗せるので風が強い、沿岸地域に載せるので塩害対応が必要、など設置方法、使用環境が変わってくる場合があるからです。

こういった対応が必要な場合、住宅用太陽電池よりも高い産業用太陽電池を載せる必要があります。また、大量に消費されている住宅用太陽電池に比べ、こういった産業用太陽電池は特注扱いとなり割引率が低く、結果住宅用太陽電池よりもはるかに割高となることもあります。

発電量にも違いがある

具体的にはどういった違いが見られるのかといえば、発電量による違いです。まず、発電量が10キロワット以上の発電施設であれば産業用となり、10キロワット未満であれば家庭用となります。

産業用は発電量によって電力網が違う

こういった違いに加えて、産業用の太陽光発電においては接続される電力網も異なる場合があります。電力網には、家庭用電力と高圧電力というものがあり、それぞれに役割に違いがあります。発電量が50キロワット未満であれば、家庭用の家庭用電力網に接続されますが、それ以上の発電量になると、高圧電力網に接続されるということになるのです。

 
ページの先頭へ
太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト