太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト

太陽光発電投資のサポート会社おすすめガイド【四国エリア版】

太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト 太陽光発電投資で頼れる会社BEST3

2位 日本クリーンテック

1位 ナカイエンジニアリング

3位 グリーンプランテック

太陽光発電の発電効率

地域ごとに発電効率が違うってご存知でしたか?太陽光発電投資前に装置選びをチェックしましょう。

設置選びをする前に発電効率をチェック

太陽光発電投資をするときには、どのくらいの発電効率があるのかをしっかりチェックしたうえで装置選びをしていく必要があります。

二種類の交換率

市販されている装置には、モジュール変換効率とセル変換効率という、二種類の発電効率に関する情報があります。モジュール変換効率は、ソーラーパネルの性能の指標としているものです。1㎡あたり、どのくらいの出力があるのかを見る指標になっています。

セル変換効率は、発電においてセルそのものが持っている発電効率のことを意味しています。

そのため、モジュール変換効率で表示される値よりも高い値が表示されることになるため、こちらの値だけを見ていても効率よく発電できるソーラーパネル選びは出来ません。

コストパフォーマンスはどうか

太陽光発電投資を考えるときには、パフォーマンスの良さを見ていく必要があります。初期の投資額も大切ですが、長期間にわたって回収していくことが必要となりますので、耐用年数の長さも大切になってきます。

ソーラーパネルも劣化していきますので、太陽光発電投資を考えるときには、長く使い続けていても出力が落ちにくいものを選ぶことも大切なポイントになります。

地域によって違う日照時間

また、発電効率には日照時間も大きく関わってきます。晴天が多く、日照時間が長い地域の方が太陽光発電に向いているといえます。

日本全国の平均は6105.5kwh/年ですが、一番高いのが長野県松本市の6854kwh/年で、一番低いのが金沢県金沢市の5357kwh/年です。

松本市は盆地にあるので、晴れ間が多く、冬の降雪も少ないため発電量が少なくなっています。一方金沢市は日本海側で降雨量、降雪量ともに多く、晴れ間が少ないため発電量が少なくなっています。

このように地域によって発電効率は大きく変わるといえるでしょう。

 
ページの先頭へ
太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト