太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト

太陽光発電投資のサポート会社おすすめガイド【四国エリア版】

太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト 太陽光発電投資で頼れる会社BEST3

2位 日本クリーンテック

1位 ナカイエンジニアリング

3位 グリーンプランテック

太陽光発電システムが設置されるまで

家庭用と比べて規模が大きい産業用の太陽光発電は、どんな手順で設置されるのか。そのプロセスを解説しています。

産業用の太陽光発電設置のプロセス

産業用の太陽光発電システム導入の流れと、それぞれの段階で気を付けたいポイントを解説していきます。

1.目的の明確化・事前調査

太陽光発電を設置する目的によって、検討する課題や最適なシステムは違ってきます。太陽光発電をなぜ設置するのか、その目的を明確にしましょう。

また、事前調査で以下のポイントをチェックしておくことも大切です。

  • 設置場所、設置スペース(地域の日射量チェックと、設置スペースの確保)
  • 建物の構造や方位角(日射量が最大になるのは真南・傾斜角度30°)
  • 環境(積雪の有無や、周辺建造物の影の影響などをチェック)
  • 設置時期(工期が延びやすい梅雨の時期は避けるとよい)
  • 設計条件(防火基準やその他の条例なども確認しておくこと)

2.収益計画

想定している太陽光発電システムによって、どのくらいの収益が見込めるのかを試算します。できるだけ綿密な発電量のシミュレーションをしておくことがポイントです。

国からの補助金や税制の優遇措置など、公的支援制度についても検討しながら、予算案を作成していきます。

3.設計・契約

太陽光発電の設置業者に、システムや機器の設計を依頼して、見積もりを出してもらいます。設置業者はシステムの設計や必要機器の選定をして、それに基づいて発電量のシミュレーションや価格の試算を行います。

費用やシミュレーションについて、丁寧に分かりやすく説明してくれる設置業者を選ぶと安心です。設計内容と見積もりを検討して、問題や不明点がなければ契約します。

4.施工・手続き

太陽光発電システムの設置工事は、太陽電池モジュールなどの機器設置工事、電気配線工事の順で行われます。

設置工事期間は、10kwのシステムで約1~2ヶ月、大規模システムでは3~4ヶ月ほどかかることも考慮しておきましょう。また、設置と同時に、電力会社や所轄官庁への届け出の手続きも行います。

5.運用開始

設置工事が完成すると、竣工検査が行われます。機器に汚れや破損がないかの点検、問題なく運転できるかの確認などをして、問題がなければ事業者に引き渡されます。

引渡し書類には、設置業者からの竣工検査成績書や、メーカーからの製品検査成績書、保証書などがあります。確認して大切に保管してください。

その後、電力会社が立ち会って、システムの連系運転を開始します。

 
ページの先頭へ
太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト