太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト

太陽光発電投資のサポート会社おすすめガイド【四国エリア版】

太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト 太陽光発電投資で頼れる会社BEST3

2位 日本クリーンテック

1位 ナカイエンジニアリング

3位 グリーンプランテック

全量買取り制度について

太陽光発電システムの全量買取り制度や、平成26年度(2014年度)の買取り金額について解説します。

太陽光発電の全量買取り制度とは?

平成24年7月から始まった、再生可能エネルギー固定買取り制度には、全量買取りと余剰買取りの2種類があります。

10kw以上の太陽光発電システムの設置に適用されるのが全量買取り、10kw未満の太陽光発電に適用されるのが余剰買取りです。

全量買取りでは、太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電気のすべてを電力会社に売電します。再生可能エネルギーの普及や拡大を目的とした制度で、20年間、一定の価格で電力会社が買い取ってくれます。

ちなみに、全量買取り制度の対象となる再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱、中小水力、バイオマスの5種類があります。

この中でも、太陽光発電は注目度が高く、ここ数年で新たに導入された再生可能エネルギー設備の9割以上が太陽光発電です。

四国エリアの太陽光発電投資ならおまかせの会社5選

平成26年度(2014年度)の買取り金額

再生可能エネルギー固定価格買取り制度の買取り金額と期間は毎年見直されています。そこで、平成26年度(2014年4月~2015年3月)の買取り金額と期間を調べてみました。

10kw以上の太陽光発電システムに適用される全量買取り価格は1kwhあたり34.56円(32円+税)、買取り期間は20年間です。

10kw未満の太陽光発電に適用される余剰買取り価格は1kwhあたり37円、買取り期間は10年となっています。

普段、電力会社が私たちに電気を売っている金額は20~25円ほどです。それを踏まえて考えてみると、太陽光で発電した電気を、電力会社がいかに高い価格で買い取っているかがわかります。

 
ページの先頭へ
太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト