太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト

太陽光発電投資のサポート会社おすすめガイド【四国エリア版】

太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト 太陽光発電投資で頼れる会社BEST3

2位 日本クリーンテック

1位 ナカイエンジニアリング

3位 グリーンプランテック

利回りと年間収入

四国エリアで太陽光発電投資をした場合、年間収入と利回りはどのくらいなのか?シミュレーション結果をまとめています。

太陽光発電投資の利回りと収益シミュレーション

太陽光発電投資を手がけると、実際のところ、どのくらいの収益性が期待できるのでしょう。

四国中央市の気象条件で太陽光発電に投資した場合の、おおよその利回りや年間収入のシミュレーションをまとめてみました。年間収入は売電単価37.8円(税込)で計算しています。

  設備投資費 年間発電量 年間収入(税込) 利回り
10kw 300万円 10,830kwh 409,374円 13.6%
20kw 550万円 21,600kwh 816,480円 14.8%
30kw 810万円 32,490kwh 1,228,122円 15.1%
40kw 1,080万円 43,320kwh 1,637,496円 15.1%
50kw 1350万円 54,150kwh 2,046,870円 15.1%

一般的に、システムの規模が大きくなるほど利益は多くなり、1kwあたりの設置単価も安くなります。そのため、結果的に利回りを上げることができ、初期投資費用の回収年数も短くなるでしょう。

上記シミュレーションの場合、利回りはおよそ13~15%、投資回収年数は7~8年ほどになります。

太陽光発電投資で頼れる会社ランキング【四国版】

四国エリアでの太陽光発電投資が有利な理由

太陽光発電システムは、設置する地域によって発電量が違ってきます。そして、四国エリアは他の地域と比べて発電量が多いのが特徴です。

なぜなら、四国エリアは全国的に見ても日照時間が長く、晴れの年間日数も多いから。気象庁のデータによると、高知県と東京都の年間日照時間の差は、270時間以上あるそうです。

発電量が多いということは、すなわち収益性も高くなります。そうした意味で、四国エリアは太陽光発電の一等地だと言えるでしょう。

 
ページの先頭へ
太陽光発電投資で頼れるサポート会社比較サイト